2016.12.26
年末年始休暇のお知らせ
2016.10.21
ブログ更新しました! ~麻濃炭~
2016.10.04
ブログ更新!ハンド刺繍ベアー追加しました
2016.09.28
ブログ更新しました!
「そろそろ乾燥対策始めます」
2016.09.02
ホーローとキルトの会
2016.08.26
ブログ更新しました
2016.08.10
夏休みのお知らせ
2016.07.20
麻を楽しむ!ブログ更新しました
2016.06.24
和みのレトロガラス
2016.05.18
ブログ更新しました
2016.05.10
スタッフブログが出来ました!
2016.04.19
残りわずかです!
2016.04.04
hempソープ入荷しました!
2016.03.20
もうすぐ春です
2016.01.07
定休日のお知らせ
2015.12.25
年末年始のお知らせ
2015.10.31
江戸切子をご希望のお客様へ
2015.09.28
ブログ更新しました「はからめ月のカレンダーについて」
2015.09.17
敬老の日の贈り物は江戸切子できまり!
2015.09.15
贈り物に江戸切子
2015.09.10
《江戸切子》在庫ゼロでもお問い合わせ下さい
2015.09.07
ギフトには江戸切子
2015.09.03
臨時休業のお知らせ
2015.09.01
敬老の日に江戸切子
2015.08.28
お祝いにピッタリ!江戸切子グラス
2015.08.24
オススメ!DDRカップ&ソーサー
2015.08.21
手織りの洋服
2015.08.17
残暑お見舞い申し上げます
2015.08.07
夏期休暇のお知らせ
2015.08.04
涼やかなイラングラス
2015.07.21
タイル入荷しました
2015.07.14
ビールも麦茶も江戸切子グラスで!
2015.06.27
ネパール手すきの紙モノ
2015.06.19
サラッと気持ち良いハンカチ
2015.06.15
父の日にありがとうを贈ろう
2015.06.11
冷やで一杯!ぐいのみグラス
2015.05.30
ビールも美味しい!江戸切子グラス
2015.05.26
父の日ギフト
2015.05.23
手刺繍のミニポーチ
2015.05.22
これから活躍するもの
2015.05.16
おまかせラッピング
2015.05.09
贈り物に江戸切子
2015.05.07
母の日の贈り物
2015.05.06
5/7(木)から通常営業
2015.05.03
ゆるキャラ出来ました!
2015.05.03
実店舗情報
2015.04.30
リフレッシュオープン

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
江戸切り子フリーグラス/うさぎ

江戸切り子フリーグラス/うさぎ

商品番号: ED011

販売価格(税込):
9,720
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

伝統工芸士 大久保忠幸氏作


うさぎさん並んで月を眺めているのでしょうか...
物語が広がりそうな愛らしい江戸切子グラスです。

月見グラスでツキを呼ぶ


月に見立てた小窓をのぞくとうさぎさんが見えます。
小窓を眺めているうちに見通しが良くなる...なんて縁起かつぎも江戸っ子の粋です。

インフォメーション

サイズ

☆容量目安/グラス目一杯で140cc程は入ります


【江戸切子の通常商品はこちらの箱に入れてお届けします】




【のし紙のご用意もあります】

内祝い、新築祝い、入学祝い、長寿祝い、結婚祝い、快気祝いなどの贈り物もご相談下さいませ。




【江戸切子の多量ご注文も承ります】

ショッピングカートには在庫限りの表示となっていますが、
まとめてお買い上げご希望のお客様は、お気軽にご相談下さいませ。



【江戸切子をまとめてお買い上げご希望のお客様へ】

職人の手で一つひとつ丁寧に制作している為、時期やご注文が集中しますとお時間を頂戴する可能性もありますので、
お問い合わせ頂く際にお知らせしております。

※在庫状況にもよりますが、通常ですと20個前後のご注文で1ヶ月程お時間頂く場合があります。
大切な贈り物を無事にお届けするために、日にちに余裕を持ったご注文をお願い致します。

ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー

伝統工芸の紹介

写真

伝統工芸 江戸切子/大久保忠幸 東京

「プロフィール」
作品の特徴は、通常の伝統的・直線的な模様の切子づくりで行う下絵を描かず、直接グラインダーで削っていくもので、「ときめき、ひらめき、きらめき」をモットーに作品づくりを行っています。
数々の受賞歴を持ち東京マイスター、伝統工芸士にも認定されている技と遊び心で受け取る人の心に暖かさを届けます。



写真

江戸切子の伝統
天保5年(1834年)加賀屋久兵衛が江戸大伝馬町で金剛砂を用いて硝子を彫刻し、切子細工の法を工夫したと伝えられる。これが日本のカットガラスの始まりといわれています。江戸時代後期に制作された江戸切子は薩摩切子と共に江戸期の優れたガラス工芸品として現存しています。